血糖値を調整する糖尿病の食事【薬物療法と並んでとても重要】

手

治療と並行して行われる

脳梗塞は血栓を溶かす治療と並行し、リハビリが行われます。これは、早い段階でリハビリをスタートさせた方が回復しやすいためです。ただ、早く治したい気持ちは強かったとしても、焦らずじっくりとリハビリに取り組むことが大事です。

詳しく見る

注射

がん細胞の治療にも効く

高濃度のビタミンCを点滴によって体内に送り込むと、肌を美しくするといった美容効果だけでなくがんのような病気の治療にも役立ちます。そこで東京の医療機関では高濃度ビタミンC点滴を効果の高い治療法として取り入れるところが増えており、患者に大きな福音をもたらしています。

詳しく見る

和食

指導してくれて便利

糖尿病の食事は一般的なものとは違っています。専門的なところで作ってもらい、宅配してもらうというのも可能です。家族に負担がかかる場合には利用してみるといいでしょう。また、親身的に治療をしてくれる病院やクリニックを探すことをおすすめします。

詳しく見る

脳

きちんと休むことも大事

仕事や学校を休んでいる状況から早く回復し、復帰したいと考える人は多いでしょう。脳梗塞のリハビリに取り組む場合は、きちんと休むことが大事です。また、リハビリに集中するためには、病院の生活に慣れることも大事です。

詳しく見る

点滴

手軽に摂取できる

疲労回復や肌荒れ改善のために、高濃度ビタミンCの点滴が役立つことがあります。東京の病院でできることが多く、とても人気です。実績があり評判の良い病院を調べて受けてみるといいでしょう。ただし、検査が必要です。

詳しく見る

糖尿病になっても食べたい

和食

糖尿病とうまく付き合おう

糖尿病になったら、まず医師に言われるのが食事の事です。糖尿病の食事療法は運動療法、薬物療法と並んでとても重要です。とくに食事療法がうまくいかなければ運動は逆効果であるし、薬物療法の効果は得られにくいのです。ここでは糖尿病の食事としてふさわしいものについて説明します。糖尿病の食事のポイントとして、まず1つ目にカロリーを挙げることができます。カロリーは糖分、蛋白質、脂肪のどれをとっても生じるのですが、糖尿病の人の場合はまず全体のカロリーを制限する必要があります。具体的には1日の摂取カロリーの上限を、標準体重×25-30キロカロリーにするという設定がなされます。25-30キロカロリーの幅は、糖尿病の重症度やタイプ、肥満の度合いなどを総合的に判断して、医師の裁量によって決められています。標準体重は身長(m)を2乗して22をかけた数字で算出されます。例えば身長170センチの人だと標準体重は約63キロとなります。したがってこの場合は1日に摂取すべきカロリーは約1600-1900キロカロリーとなるのです。次に、糖尿病の食事に関する2つ目のポイントですが、実は総カロリー以外の糖分、蛋白質、脂肪のバランスについてはそれほど重要とはされていません。この3つのどれもが体の中で分解されると最終的にはブドウ糖として体内で利用されるからです。むしろ3食バランスよくとることが大切とされています。これは、1日の中での血糖値の変動を極力小さくするためです。

Copyright© 2018 血糖値を調整する糖尿病の食事【薬物療法と並んでとても重要】 All Rights Reserved.