血糖値を調整する糖尿病の食事【薬物療法と並んでとても重要】

がん細胞の治療にも効く

注射

経口摂取より優れた効果

高濃度ビタミンC点滴は、皮膚トラブルの改善からがんの治療まで幅広く活用できる治療法として、現在東京をはじめ全国的に注目を集めている方法です。ビタミンCが肌の健康によいことは従来から広く知られてきましたが、高濃度のビタミンCを体内に直接点滴することによって、がん細胞を退治することができるという研究結果がアメリカで発表されました。この研究はアメリカの国立がん研究所が行ったものなので、東京の医療機関でも広く信頼される結果として受け止められています。ビタミンCは、もちろん口から摂取してもある程度の健康効果を現します。しかし、胃や腸を通して吸収するという方法ではいまひとつ吸収率が高いとはいえず、点滴を使う方がはるかに効率的に高濃度ビタミンCを体内に送り込むことができるのです。高濃度ビタミンCをがん治療に用いる場合、東京の病院でもスタンダードな治療法となっている抗がん剤と比較すると、悪心や嘔吐、食欲不振といった副作用が出ないという大きなメリットがあります。また、抗がん剤と高濃度ビタミンC点滴を併用することができるのも利点の一つです。さらに、吐き気などの副作用そのものを軽減するのにも高濃度ビタミンC点滴が効果を発揮することがわかっています。東京はもとより全国のがん患者の中には、体質などにより抗がん剤を使うことのできない人もいます。そのような患者にとっても、高濃度ビタミンC点滴はすぐれた代替療法として症状のつらさを和らげる役に立っています。

Copyright© 2018 血糖値を調整する糖尿病の食事【薬物療法と並んでとても重要】 All Rights Reserved.