血糖値を調整する糖尿病の食事【薬物療法と並んでとても重要】

治療と並行して行われる

手

焦らずじっくり取り組む

体の不調を放置するとダメージが蓄積し、ある日突然大きな症状として現れる場合があります。そのため、不調を感じた場合は体を休めることはもちろん、病院を受診することが大事です。そうすれば、病気の症状が小さいうちに治療をスタートできます。ただ、仕事や家事などで忙しく過ごしていると、なかなか休む時間や病院を受診する時間が取れない場合はあります。しかし、時間が経つとそれだけ、悪影響を及ぼすリスクが高まるので忙しいからと言い訳をするのはやめましょう。たとえば、手足の痺れや力が入らないといった場合は脳梗塞の可能性があります。異変を感じた時に早めに病院で診てもらうことが、自分を守るために大切なことです。早めに治療を開始する方が病気から体も回復もしやすくなります。脳梗塞での治療は血栓を溶かし、血液をサラサラにする薬を用います。また、治療だけではなく、リハビリも並行して行われることになります。なぜなら、脳梗塞で失ったり、弱まったりした機能は、早くリハビリをスタートさせるほど回復しやすいためです。そのため、入院して治療をしながらリハビリをするケースは多いです。すると、入院する前までの何も異常がなかった頃の状態に戻れる可能性が高くなります。脳梗塞による入院中のリハビリで完璧な状態にまで回復できなかったとしても、退院後の生活を送るなかで徐々に機能を取り戻せる場合はありますし、外来でリハビリを続ける方法も残されています。脳梗塞でのリハビリで重要なことは焦らないことです。自分や家族のために早く治したい気持ちは強かったとしても、無理をせずに少しずつ回復させる意識で取り組むべきです。

Copyright© 2018 血糖値を調整する糖尿病の食事【薬物療法と並んでとても重要】 All Rights Reserved.